© STARX INC All Rights Reserved.

会社概要プライバシーポリシー

D2Cブランドのための

LINE

事例大全

D2C支援歴10年&LINE社の認定Partnerが300社とともに実践してきたLINE事例集

効果実証済みの施策事例が満載!

LINE知識ゼロでも、これを見れば何をすべきか分かります

今すぐ無料で手に入れる▶︎

『D2Cのための35のLINE事例大全』には、D2Cブランドで効果実証済みのLINE公式アカウントの活用事例が網羅的に詰まっています。


LINE公式アカウントのホームページで掲載しているようなものでも、Webメディアや書籍に掲載されてるような、どの業種にでも当てはまるような事例・ノウハウでもありません。ましてや、弊社サービスの紹介資料でもありません。正真正銘、D2Cブランド専用の…


そんなLINE活用事例だけを35個集めたものが、この『D2Cのための35のLINE事例大全』なのです。


しかも、全てのLINE活用事例は、D2C業界で誰もLINEでCRMをしていなかった4年前から私達がD2Cクライアント様とともにゼロから試行錯誤を繰り返し、そして複数社で効果を実証したものばかりです。なので、たとえLINE知識がゼロでも、メールのCRMの実践経験が少なくても、この電子書籍に掲載されてる施策事例を真似すれば成果が出せるでしょう(なぜなら、LINEは開封率が60%前後あるため、メールやチラシのコピーライティングのような高度なスキルは必要ないからです)


この『D2Cのための35のLINE事例大全』は、まさに「自社の商品・課題と近い事例を探して、その施策をそのまま真似して実践したら良い」というLINEの鉄板施策の"メニュー表”のようなものなのです。


※個人差があり、成果を保証するものではありません。

D2CブランドのためのLINE事例大全

その内容は...

Contents 

コンテンツ

なぜ無料なの?

Part7:施策事例「CS編

・コロナ渦&定期規制でCS自動化ニーズ急増

・なぜLINEが最も自動化に適してるのか?

・定期の解約、変更を自動化

・50%以上、電話やメールを減らした事例

・LINEで解約や変更を受付してLTVアップ事例

・LINEトークでの解約抑止シナリオ事例

・注文履歴、配送状況の確認

・フレーバー変更を自動化

・1to1のカウンセリングサービス

・業務効率化と手厚いサポートを両立する方法

Part1:D2Cトップランナー8社へのLINE活用インタビュー

・タマチャンショップ様(楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー7度受賞)

・Sparty様(パーソナライズ×D2C)

・VALX様(SNSマーケティング×D2C)

・チュラコス様(化粧品)

・はぐくみプラス様(化粧品)

・京福堂様(健康食品)

・ゴーフード様(フードテックD2C)

・コノコトトモニ様(ペットフード)

Part2:D2CブランドのLINE活用全体像

・なぜ、LINEが効果的なのか?4つの理由

・LINEでD2Cブランドはどう変わるのか?

・LINEでこれが変わる 〜LTV向上〜

・LINEでこれが変わる 〜コスト削減〜

・LINEでこれが変わる 〜組織体制〜

・LINEでこれが変わる 〜競合優位性〜

Part3:D2CのLINE活用でよくある失敗

・D2CのLINE活用でよくある失敗

・注意!メールとLINEはここが違う!

・LINE活用に成功するブランドの共通点

Part4:効果的なLINEコンセプトの作り方

・D2CがLINEで最大限成果を高めるための全体像

・コンセプトがハマったときの具体的な効果

・ダイエット商材での事例

・ヘアケア商材での事例

・食品商材での事例

・嗜好品での事例

Part5:施策事例「友だち集め編」

・友だち追加率を高めやすいタイミング

・友だち追加率を高めるポイント①

・友だち追加率を高めるポイント②

・友だち追加率を高めるポイント③

・友だつ追加を促す●●つの顧客接点

・A社の事例

・B社の事例

・C社の事例

・D社の事例

・上級テクニック3選

・LINE通知メッセージの効果事例

Part6:施策事例「CRM編

・アップセル、クロスセル

・休眠掘り起こし

・売り込まないセールス

・2021年アメリカで大流行!チャレンジ企画

・解約抑止(継続応援)

・次回お届け告知からのクロスセル

・セグメント別キャンペーン

・セグメント別リッチメニューの活用事例

理由はシンプルです。


この『D2Cのための35のLINE事例大全」に掲載されている施策を使って、LINE活用を強化してくれたら、きっと成果がでてくるでしょう。そして、その中の10社に1社くらいの方は、私達が開発・提供しているサービスを導入していただけると思っているからです。

(実際、毎月たくさんのD2Cブランド様から問い合わせがありますし、その中には何年も私が書いてるメルマガや郵送版ニュースレターをご覧頂いていた方もいらっしゃいます)


もちろん、無理な営業などは一切しませんし、弊社サービスを導入しなくてはいけないとかの義務も全くありません。(メルマガもすぐに解除できます)なので、その辺は安心して、今すぐ『D2Cのための35のLINE事例大全』を無料で手に入れて下さい。

電子書籍の執筆者について

2008年、ダイレクトマーケティング支援の株式会社ファインドスターに入社。リピート通販企業100社以上支援。その後、急成長リピート通販企業の広告責任者として、年間15億円以上の広告を運用。

2013年、スタークス株式会社に入社し、2016年取締役に就任。D2C向けLINE公式アカウント機能拡張サービス「リピートライン」を提供。これまで延べ300社以上のLINE活用を支援。

Web担当者Forum ミーティング2019 秋では 「導入ハードルが下がったLINE、Eコマースにおけるベストプラクティスとは?」というテーマでLINE社ともに登壇。

スタークス株式会社 取締役 大塚真吾

スタークス㈱は、2012年の創業以来、累計1,300社以上ものリピート通販(D2C)企業を支援。現在は、D2C向け物流プラットフォーム「クラウドロジ」とD2C向けLINE-CRM/CSツール「リピートライン」を開発・提供。

2017年にLINE公式アカウントをD2C向けに拡張したツールを開発して以来、2019年にLINE社のパートナープログラムである「Technology」部門と「Sales」部門とそれぞれに認定されるなど、D2C向けのLINE活用支援のプロフェッショナル。

今すぐ、無料でダウンロードする

D2Cブランドのための

LINE

事例大全

効果実証済み

D2Cのための35のLINE事例大全とは?

Web担当者Forum
ミーティング2019秋

導入ハードルが下がったLINE、Eコマースにおける
ベストプラクティスとは?

東京商工会議所
江東支部

「シンプルに売上を1.5倍上げるためのマーケティング
実践セミナー

・  ・  ・  ・  ・  ・

35


35


D2C業界人からの推薦の声

「ecforce」運営会社

「ecforceトップ企業のほとんどが利用。全事業者必読の内容』

ecforceクライアント様のトップ企業のほとんどが利用をしているリピートライン様には、さまざまな連携をさせていただいております。

運営企業であるスタークス様は、長年にわたりD2C/ECノウハウを蓄積されているので、これからも一緒にノウハウ共有しながら、事業者の成長に寄与していっていただけたら嬉しいなと思っております。

こちらのebookは全D2C事業者に必読な内容となっておりますので、ぜひご覧になっていただけたらと思います。

サブスクD2C総研株式会社
株式会社Telemarketing One
代表取締役 新井 亨  様

私が経営するD2C会社も創業当初からスタークスさんにサポートしてもらってますが、D2Cに特化してLINE活用を支援されてるだけあって、事例やノウハウが豊富です。

この電子書籍も事例が豊富で、弊社もまだ実践していない施策や事例があったので、早速試してみようと思っています。

年商10億を突破するのにLINEでのCRM施策やアップセルでのLTVを引き上げるツールを導入するのは必須だと思います。リピートラインはカスタマーサポートもしっかりしており弊社でも使っていて使い勝手がよいです。

「この電子書籍も事例が豊富で、弊社でも試してみたい」

「サブスクD2Cすごい売り方」著者

株式会社SUPER STUDIO
取締役CRO 真野 勉  様